欧倫ニュースNews

うつくしい家

うつくしい家

確かな美的感性をもって設計やコーディネートに臨むことで、施主の要望が叶えられるにとどまらず、住宅というモノとしてのフォルム、ディテールも洗練される。住宅の設計とは、微に入り細を穿つ工夫、様々な条件を解決・克服する提案、そしてクライアントである施主との真摯な対話の積み重ねがあってはじめて豊かなものとなる。K邸は、そういった施主と工事を請負う側―両者が持つ強い熱意と想いが渾然一体となった末に出来上がった好例である。

ぜひご覧ください。

 

2017.12.31

#