建築家紹介Architect

河澄克典

河澄克典

Katsunori Kawasumi

愛知県豊田市生まれ。
グラフィック・インテリアデザイン業を経て建築士となる。
意匠設計・構造設計事務所を経てソフトデザイン1級建築士事務所開設。現在に至る。

設計とは、人について考えること。設計者は、要望の背景を読み取り、要望に未来をプラスする必要があります。

設計とは、人について考えること。住宅設計との出会い

建築の世界には、半ば導かれるようにやってきた。
小さな頃から絵を描く事が好きで、グラフィックデザインを学んだあと、店舗のグラフィックの仕事に就く。その仕事を見たある経営者から、店舗のインテリアデザインを依頼され、次に外装のデザイン、最終的に全てのデザインを任された。自身で描いたデザイン画そのままに、建築が完成した時の感動は今も忘れられないと言う。建築の「現場」。そこでは職人とやり取りしながら一緒にものをつくり上げていくという喜びを感じた。
その後、建築の道へ進み、商業施設から住宅まで、幅広い経験を積み、社会と触れ合いながら建築を学ぶ。常に、施主の要望に応えるということが、自身の可能性の枠を広げたと語る。
建築の世界へ進んだ当初、「設計とは、建物を考えること。」そう考えていたが、住宅設計をするようになり「設計とは、人について考えること。」そう思うようになったと言う。

設計者は、要望に未来をプラスする必要がある。施主を知って住宅を設計する

社会変遷や価値観の変化に伴い、多様化する施主の要望。 家は、独自のライフスタイルを実現する場である。
しかし、同時に施主は理想のイメージを家づくりの打合せの場で全て思い通りに語ることが出来るわけではない。施主の語る言葉の通りに設計をしたとしても、真に施主が要望したものになるとは限らない。もちろん要望を全て聞き入れたとしても、同時に言葉に過ぎないという事も忘れない。それは、施主が単に知っている言葉や、メディアに影響されたものであるかも知れないからだと言う。
そして、施主がそれまでに住んだ家での体験のみに基づいた要望である場合、これからの生活をつくりあげる推進力に欠けることもあると言う。設計者は、要望の背景を読み取り、要望に未来をプラスする必要があると語る。

『家づくりにおいて、予算に余裕があるということはまずありません。限られた予算の中では、施主が要望として発した言葉とおりの空間ができない場合があります。しかし、それは応えることが出来ない。ではなく、別の方法を提案するということで応えます。例えば、施主の希望する部屋面積を数字上確保できないとしても、施主が求めているのは、広いと感じる空間の豊かさであり、それは、希望する面積を満たさなくても、高さ方向への広がりや、視覚的な演出等で叶えることが出来ます。』と話す。

設計とは、諸条件を考慮し最適なかたちに整えることだと言う。それは単に数字的なパズルを解くようなものではなく、情緒を持って取り組まなければならず、その空間に身をおいて人はどう感じるか、どう行動するか。住宅を設計するには、まず人を知る必要があり、施主を知る必要があると言う。
その施主を知るには、家についての要望はもちろん、それ以外の情報からも施主の趣味や考えを読み解き、その価値感に触れながら、互いに共通認識を形成していく必要がある。そこに住む人を思って設計された家は、暮らしのちょっとしたワンシーンに感動が生まれるのではないかと考える。それは例えば、昼下がりに優しく差し込む陽の光の癒しであったり、自分の為につくられた使いやすいキッチンでの料理のひと時であったり。

家はその人の価値感が具現化されたもの施主の要望からコンセプトを創造する

そこに住む人について考えた結果、家は、その人の価値観が表れたものとなる。
住宅設計のアイデアは常に施主の中にあると言う。施主の要望の中に独自のコンセプトを見つけ、かたちにすることを心がける。それは、時に施主自身が気づいていないものである場合があり、設計者としてそのプラスαの提案をしたいと考える。
独自のコンセプト。それは、その家族固有のもので、ひとつとして同じにはならない。従って、敢えて固定化されたデザインスタイルを持たず、新しい施主と会う度、ニュートラルな状態で向かうようにしていると言う。

設計事例を見た施主からは、『みんなかたちが違いますね。』と言われる。時には別の設計者が設計したのですか。と言われることもある。振り返ると、これは、「施主の要望の中に独自のコンセプトを見つけ、かたちにする」という姿勢の表れではないかと感じているそうだ。
新しい住宅の設計がはじまると、施主が笑顔で口をそろえたように言う言葉があるようだ。
それは「私たちの家は、どんなタイトルの家になるのですか」。施主自身の要望が建築家の手により、どのように表現されるのか、期待に胸を膨らませてくれているのだそうだ。

#