耐震性Earthquake
proof

三位一体で作り上げる高耐震の家
地盤補強・基礎構造・耐震構造

ひとつのスペックが優れていれば、「強い家」であるとは限りません。
全体としてバランスのとれた家でなければならないでしょう。
欧倫ホームでは、地盤補強・基礎構造・耐震構造において、きちんとした施工を行っております。
安心・安全の家づくりへの心構えをご覧ください。

家を支える「地盤補強」の大事

欧倫ホームの地盤補強は、子会社である『株式会社セントラルベーステクノ』が調査から補強まで行います。

ひとつのスペックが優れていれば、「強い家」であるとは限りません。
全体としてバランスのとれた家でなければならないでしょう。
欧倫ホームでは、地盤補強・基礎構造・耐震構造において、きちんとした施工を行っております。
安心・安全の家づくりへの心構えをご覧ください。

地盤補強の種類

表層改良
軟弱地盤が1~2mと浅い場合。表層部分をセメント系固化材と混ぜ合わせ固める。
鋼管杭
軟弱地盤が数mに及ぶ場合。
ドリルで穴を空けながらセメント系固化材と土壌を撹拌させることで柱状の改良杭を作る。
柱状改良
軟弱地盤が10mを超えるような深さの場合。
鋼管杭を支持層にしっかり打ち込むことで支える。

地盤補強の流れ(例:柱状改良)

地盤調査

地盤調査

調査結果

調査結果

地盤補強

地盤補強

改良杭硬化

改良杭硬化

保証書発行

保証書発行

独自基準の「基礎構造」
安心を手に入れるためのこだわり

基礎に対するこだわり強固な鉄筋コンクリートベタ基礎

木構造をいくら強固にしたところで、支えるための基礎がしっかりしていなければ十分な力を発揮できると言えないと我々は考えます。
欧倫ホームでは、基礎は鉄筋鉄筋コンクリートベタ基礎工法を採用しています。
ベタ基礎工法は、点や線で支える布基礎工法と違い、面で支えるため安定した工法といえます。
また、建物の床下全体を覆うので、湿気が溜まりにくく、シロアリによる被害のリスクが軽減されます。

独自基準の基礎構造安心を手に入れるためのこだわり

ベタ基礎工法にすれば安心なのかと言うと決してそういうわけではありません。
その構造自体にも大きく起因します。欧倫ホームでは、より強固な基礎にするために独自の基準で作り上げています。

<建築基準法に沿った基礎構造>

建築基準法に沿った基礎構造

<欧倫ホームの基礎構造>

欧倫ホームの基礎構造

見落としがちな「人通口」という弱点

基礎には人通口と呼ばれる、床下点検のために人が通れるように穴を開けています。この人通口ですが、通常通りの施工では、周りと比べ立ち上がりがなくなるため、比較的耐久力が弱くなることが想定されます。
そこで欧倫ホームでは、構造計算をもとに自社の基準で必要とする人通口部分には、根入れを深くし、鉄筋量を増やして補強しております。

<通常施工の人通口例>

通常施工の人通口

<欧倫ホームの補強型人通口例>

欧倫ホームの補強型人通口

幾本にも及ぶ木造で組み上げられた
躯体が強固な「耐震構造」をつくり上げる

整然と立ち並ぶ柱その数にも強さの秘密有り

住宅で目に見えない部分、それは構造です。欧倫ホームでは木造軸組構造を取り入れる建設会社の中でもこだわった対策を取っています。
それは”構造材としての柱を立てる間隔”です。
多くの建築会社では柱は1,820mmピッチ(1間ピッチ)で立てることが一般的ですが、欧倫ホームでは、窓のような開口がある場合を除いては910mmピッチ(半間ピッチ)で柱を立てます。
そして全ての壁に筋交いを入れることで、住宅性能表示制度でいうところの「耐震等級3(最上等級)」を標準と出来るほどの強度を誇っています。※間取りによっては難しい場合がございます。

<通常施工の人通口>

柱の間隔がひろいため、
補強のための筋交いも少ない。

通常施工の人通口

<欧倫ホームの施工>

柱の間隔が狭いため、
補強のための筋交いも多い。

欧倫ホームの施工

躯体を支える金物

いくら柱などに使う素材が良くとも、十分な耐震強度を保持するためには柱や梁を強固に繋ぐ金物が必要不可欠です。
粘り強い木造と強固な金物。このふたつが職人のてによって施工されてはじめて高レベルな耐震住宅を作り上げることができます。

躯体を支える金物

「構造計算」という安心

建物のポテンシャルを量る『構造計算』欧倫ホームでは全ての建物に実施しております

建築基準法では、2階建てまでの木造住宅であれば構造計算の必要はないとされていますが(500㎡以上または高さ12m以上の木造住宅は除く)、欧倫ホームでは全ての建物に構造計算を実施しております。
それは、構造計算が建物構造を評価する上で、信頼性のあるものだと考えているからです。
安心の基準は人それぞれですが、私たちは高いレベルでの安心をご提供させていただくための環境を整えております。

#