土地オーナーメイン画像
欧倫ホームが考える「土地活用」とは
お客様の利益を追求します。
土地活用とは、お客様ご自身が「土地」という資産を活かして利益を得るビジネスです。
欧倫ホームは、そのビジネスパートナーとして、利益を上げるための「事業計画」をご提案します。

土地ではなく、現金を残すための戦略を立てます。
代々受け継いできた土地を手放したくない、という思いは理解できます。
しかし、土地の継承に固執しすぎると、活用方法の選択肢が少なくなり、結果、負の財産としてご自身や子孫に負担を強いることにもなりかねません。 土地を残すか現金を残すか…オーナー様のご意向を反映しつつ、土地の価格変動や経済的負担などを予測し、利益を確実に確保するための事業戦略を立案します。


DATA事例
宝飯郡御津町マンション
place
宝飯郡御津町マンション


data
[重量鉄骨]24戸 30m2
年間収支計画(12戸以上の金額)
建築費① 13,800万円
家賃 1,353.6万円
共益費 86万円
駐車場 86万円
収入合計② 1,526万円
②÷①=利回り11%


幡豆郡吉良町マンション
place
幡豆郡吉良町マンション


data
[2×4工法]21戸 30m2
年間収支計画(12戸以上の金額)
建築費① 9,450万円
家賃(駐車場・共益費含) 1,159万円
収入合計② 1,159万円
②÷①=利回り12.2%


土地オーナー様の「疑問」や「誤解」を解消します。
Q 相続対策はどうしたらいいのでしょう。
A その心配の前に、資産背景をすべて把握していますか?
土地があるからといって、必ずしも相続税が高いとは限りません。
具体的な税額を見積もった結果、意外と低かったというケースも多々あります。
当社は、まず始めにお客様の資産背景を細かくお聞きし、相続税を算出します。
その上で、お客様にとって最も負担が軽く、なおかつ利益を得られる土地活用をプランニングします。

Q マンション開発業者は家賃を保証するというけど。
A 物価水準によって変動するので注意が必要。
大半のマンション開発業者は、「空室の家賃保証」を謳い文句にしてオーナー様の信頼を得ようとします。
しかし、契約書には「物価の変動に合わせて保証額も変わる」という一文も記載されています。
家賃保証額が下がり、毎月の収入が減っているオーナー様はたくさんいます。
そもそも、空室ができるマンション自体が失敗作と言えるでしょう。
お問い合わせ


土地活用の施工事例はこちら